40代の転職・再就職を成功させるために、分析と情報収集を!

昨今の就職難、いざ転職を考えてみた時に40代ともなると、色々な不安がつきまとうものではないでしょうか。

漠然とした不安を解消するには分析する事が建設的な手段の一つです。
40代で転職するに当たっての不安を、幾つか例を挙げて考えて見ましょう。

一般的に考えられる例としては二つほど挙げられ、一つに転職による給与が下落する事、二つ目に、実際問題として、転職自体が可能かという事が考えられます。

前者については、40代の転職については必ずしも当てはまるものではありません。
今までの実績が認められての、経験を活かした仕事のできる職場であるなら、むしろ給与のアップも期待できます。

但し、逆に未経験の職種への転職の場合には、その限りではない事も、把握しておく必要があるでしょう。

後者に関しては、確かに求人票などを見る限り、35歳位までといった情報を提示している企業が多い事は確かです。

ですが、そうした年齢制限は、「位まで」という表現から分かるように、あくまでも目安です。

最近の企業は、若い社員を教育して鍛え上げるよりも、採用して即最前線で働けるような即戦力社員を好む傾向にあります。
企業が求める能力と自分のもつスキルさえ合致するならば、年齢をあまり気にしすぎる必要もありません。

一般的な問題は以上のようなものがありますが、更に個々別の不安は多様でしょうし、実際に若い世代の転職に比べて40代での転職が困難であることは確かです。

しかし、明瞭な自己アピールさえ出来るなら、転職は決して不可能ではありません。

積極的な活動こそが転職活動の肝です。不安に捉われて消極的になる前に、積極的に動き出しましょう。

40代の転職関連情報